「高栄ホーム」で理想のマイホームを探しにいってみた♪

みなさん、こんにちは。最近おめでたトピックス続きなLeafでは、マイホームを考えはじめる世代のスタッフもちらほら。スマートなマンション暮らしももちろん便利ですが、やっぱり一軒家がほしいと夢見るLeafスタッフも。

そんな時に、滋賀県大津にある「高栄ホーム」さんにはライフスタイルや予算にあったオンリーワンな家が建てられるとの噂を聞きつけ、まさにマイホームに興味津々のLeafスタッフK夫妻と一緒にお伺いさせていただきました。

今回お伺いさせていただいたのは、高栄ホームの『住宅展示場イエ・コレ』。車だと京都市内から約45分、電車だとJR比叡山坂本駅から徒歩約7分、京阪坂本駅から徒歩約10分の場所に、高栄ホームの"BIRD TOWNシリーズ"から個性溢れる4棟のモデルハウスが集結しています。

 

 

koeihome01

無事『住宅展示場イエ・コレ』に到着♪
初めてのモデルハウス見学にドキドキワクワク、緊張気味のK夫婦

公式ページを事前チェックしている時からおしゃれな家がばかりだなと期待を膨らませていましたが、実際に来てみると、外観を見るだけでもカフェのような家が多く、自然とテンションも上がります。

細かい部分も知りたい!と思ったので、今回は事前予約をして、担当スタッフさんに一棟ずつ紹介してもらうことにしました。

koeihome02

まずはどんなマイホームを考えているのか、
担当の方に話を聞いてもらいながらアンケートに答えていきます

距離感も近く親身になって対応してくれたスタッフさんのおかげで、緊張していたK夫妻もすぐに笑顔に。会話やアンケートの中からライフプランや予算に合わせて様々なタイプがあることを説明してくれました。

座っていても実際に見てみないとわからない!ということで、早速4棟それぞれを見学してみることにしました。

 

1.ちょっとしたママ目線の工夫が嬉しい
 ホワイト&ナチュラルがベースの『ママコレの家』

koeihome03

白を基調とした外壁に
木調の格子がアクセントとなったママコレの家

今回紹介していただいた4棟の中でも特に注目度が高いのが、この『ママコレの家』シリーズです。掃除、洗濯、料理に子育てと家族のことで大忙しなママが多いはず。そんなママたちを家事や子育てのストレスから少しでも解放できるアイデアがあれば、より良い家になるのでは?と考えられてはじまったシリーズがこちら。ママコレの家』の公式サイトからもわかるように、実際に高栄ホームで家を建てられたママさんたちの生の声が聞ける座談会を開催して、様々なポイントにその声が活かされているそうです。

koeihome04

コンパクトにまとめられた1階

第一印象は「明るくて爽やか!」。吹き抜けが印象的な1階は明かりを消しても外からの光を充分に取り入れることができるデザインなのが特徴。

koeihome05

「特に注目してほしいのが水回りなんです」とスタッフさん

ママの滞在時間が一番長いスペースと行っても過言ではない水回り。コンパクトにまとめ、キッチンのそばには、人目を気にせず洗濯物を干すことができる「タイルデッキスペース」、ちょっとした作業スペースやくつろぎスペースとして使える「カウンター」、トイレやお風呂までの動線と、バッチリひとまとまりになっているので、作業効率もアップしそうです!

koeihome06

カウンタースペースは子どもたちを側に感じながら
勉強の様子を伺えるスペースとしても活用しそう

「もうひとつ特徴的な場所があるんですよ」と連れて行ってもらったのは屋上スペース。階段を登って、扉を開けてみると...

koeihome07

圧倒的な開放感の屋上庭園が広がっていました!

モデルハウスのように屋外用のテーブルや椅子を置けば、プライベートなリラックス空間が広がります。塀も高めに作られているので、座ってしまえばすっぽり中の様子は見えない状態。BBQをしたり、星を眺めながらカフェタイムを楽しんだりと妄想は膨らむばかりです。

モデルハウス内には、ママさんスタッフが手書きで手づくりしたというPOPもあり、ママ目線のポイントも書かれています。座談会で聞こえてきたママたちの「あったらいいな」の声が標準仕様になっている『ママコレの家』は、家族みんなが「あ!確かにこれがあったら楽だね♪」と思えるアイデアが満載の家になっていました。

 

2.琵琶湖畔にハワイの風が吹くサーファーズハウス
 『カリフォルニア工務店×KOUEI HOME』

koeihome08

ここは海外!?と思わず口に出してしまいそうな
外壁が印象的な『カリフォルニア工務店×KOUEI HOME』

続いて紹介してもらったのは、カリフォルニア工務店と高栄ホームがコラボして誕生した、カリフォルニアテイストに「ラナイ(ハワイでは広々としたベランダのことをそう呼ぶそう)」などハワイのリゾート感をミックスした開放感あふれる『カリフォルニア工務店×KOUEI HOME』シリーズ。

先ほどの「ママコレの家」とは一変。こちらは、どちらかと言えば多趣味な男性が好みそうな雰囲気です。それもそのはず!コラボしたカリフォルニア工務店とは、『Lightning』や『2nd』、『湘南スタイル』などのライフマガジンを発行している枻出版の建築部門。アメリカ西海岸を意識した住宅デザインで注目されているカリフォルニア工務店によるプロデュースの一軒は、ハワイでのリゾートライフの良さが点在しています。

koeihome09

流行りのメンズライクなインテリアが
似合いそうなダイニングスペース。
ハワイ・ノースショアの住宅をイメージしているのだそう

ハワイの海沿いのカフェに来ているかのような気持ちになるこちらは、ウォータースポーツなどの趣味がある男性が一目惚れしてしまうケースも少なくないのだとか。

koeihome10

玄関前のカバードポーチから直接入れるバスルーム。
琵琶湖でのウォータースポーツから帰ったら
そのままシャワーへ直行!

「驚くのは1階だけじゃないですよ〜」と促されるまま2階のベッドルームへ。そこには、大きな窓が!カーテンを開けると、開放的なベランダ「ラナイ」が広がっていました。ハワイではこのようなスペースをラナイと呼び、BBQを楽しんだり、ゆったりとティータイムを過ごしたりと、ハワイのビーチハウスでは一般的な仕様になっているのだとか。

koeihome11

まるでリゾートホテルの一室のような佇まい

「これ、海外のリゾートホテルに行ったらあるやつだ...」なんてつぶやきながら、このラナイの先に琵琶湖が広がっていたら絶景だろうなぁ〜と想像してしまいます。まさに、湖畔沿いに打ってつけのデザイン!男性のみならず、憧れのデザインに女性も気に入ること間違い無し。これだけ窓が大きいと、朝日を浴びながら起きる朝時間が楽しみになりそうですね。

 

3.多彩なパターンデザインだから叶う
 900万円台からの家づくり

 光と風のデザイン空間『光の楽家』

koeihome12

自然素材にこだわった『光(あかり)の楽家(らくや)』

3軒目に訪れたのは、子どもの成長など家族のライフスタイルに合わせて自在に空間を変えられ、無垢材を使用したナチュラルスタイルの内装など見どころな『光の楽家』シリーズです。

こちらの特徴は、1階は建築士さんが提案する90パターンの間取り内から決定するため、低価格帯に抑えられるということ。マイホームは大きな買い物なので、なかなか手を出せないという方も多いと思いますが、このシリーズは比較的安価なため低予算でもマイホームの夢に近づけそうです!

koeihome13

天井の梁が印象的なダイニングスペース。
シンプル仕様のこちらのデザインは
無垢材の床がほっと温もりを感じさせてくれます

小さな敷地でも広々と見せる工夫が多々あり、天井はキッチンスペースとダイニングスペースで高さを変えることで、室内の広がりを演出。小さな子どもたちが遊べたり、ちょっとしたお客さんが泊まれるスペースとしても活用できる和室スペースは、日本人にとってはあると安心できるスペースですよね。

また、2階には、子ども部屋として使用できるスペースがあり、成長に合わせて間仕切りができるよう、ひとつの部屋でも左右対称に収納スペースと扉が用意されていました。

koeihome14

3軒目となるとK夫妻も真剣モードに!

30代のお客様が多いという「高栄ホーム」。この世代に選ばれるのも、これから新しい家族が増える世代にとって住みやすいデザインが多いのがポイントになっているのかもしれません。

 

4.どんな場所にもフィットする
 スキップフロアの家『BinO』

koeihome15

シンプルモダンな外観の『BinO』

最後に訪れたのは、シャープな片流れ屋根とシンプルでモダンなフォルムの外観が印象的な『BinO』シリーズ。こちらは外観からは想像できないような"大人の秘密基地"が広がっているのだそう。早速扉を開いてみると...地下と上にあがるステップが!なんと、こちらのシリーズは、床の高さを半階ずつ変えることにより、2階建てですが4層構造のスキップフロアになっているので、広々とした印象を与えてくれます。

koeihome16

印象的な梁は存在感がありつつも
天井をより高くみせてくれます

ステップを利用することで、壁がないのにスペース分担がしっかりとできている1.5階、2階フロア。「街中で便利に暮らしながら心地よく」をコンセプトに、どんな土地でもフィットするサイズと、スタイリッシュな仕様は、暮らしそのものを輝かせることを重視した住まいとなっています。セカンドライフを楽しみたいという世代にも好まれるのだとか。

koeihome17

地下フロアには趣味を存分に楽しめるガレージルームも

好きな家具や車を選ぶように、自分のライフスタイルに合わせて好みや雰囲気を手軽にアレンジできるこちらは、「魔法の小箱」というキャッチフレーズが似合う、様々なエッセンスが詰まった一軒となっていました。

「これだけデザインの違う4棟を見れると、マイホームのイメージがどんどん固まってきた」というK夫妻。このデザインのここが好き、このデザインは苦手かも...など、自分たちがイメージする形をより想像することができる時間となったと大満足のふたりでした。

同行させてもらったLeafスタッフも、4棟それぞれのしっかりとした世界観にドはまりしてしまい「おしゃれ!」「住みたい!」「カフェみたい!」と感動の声を上げるばかり。自分のボキャブラリーの少なさに悲しくなりつつ、それ以上の言葉が思いつかないくらい素敵だ!!と何度も思ってしまったのでした。

見学中も「このデザインをこういう風にアレンジもできますよ〜」「この地形ならこういう間取りも良さそうです」など、豊富な経験から様々なアドバイスをしてくれた「高栄ホーム」のスタッフのみなさん。一生モノの買い物となるマイホーム。多彩なデザインから、それぞれのライフスタイルに合った一軒が実現できそうだな〜と夢を広めながら家路につくLeafスタッフたちなのでした。気になった方はぜひ見学会に参加してみてくださいね!

■ 高栄ホーム 『住宅展示場イエ・コレ』

☆見学会開催中
日程/毎週土・日曜日
時間/10:00〜17:00
※平日は事前予約にて対応

Tel. 0120-21-0707(9:00〜19:00 ※水曜・第2木曜は除く)
滋賀県大津市坂本3丁目26付近

※見学は電話または公式サイトの来場予約から事前に予約した方がスムーズなのでおすすめ。

高栄ホーム 公式サイト>>

※こちらの記事は、「株式会社 高栄ホーム」のスポンサーのもと、公開しております。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
PRESENT
Leaf会員登録