東アジアが鼓動する!東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」に行ってみた

みなさん、こんにちは。秋になるとアートイベントも増えてくることもあって、今から楽しみなLeafスタッフです。

そんな中、日本・中国・韓国の各国政府から選定された都市が、1年間を通じて文化芸術による交流やイベントを行なうことで、文化の力で相互理解や連帯感の形成を促進する事業『東アジア文化都市2017京都』が開催されていることをご存知ですか?

今年の開催都市は、日本は京都市、中国は長沙市、韓国は大邱広域市が選出。青少年や若手アーティストによる交流事業や、東アジアをテーマに、伝統的な文化芸術、現代美術、舞台芸術、音楽、マンガ・アニメなど、多彩なイベントが8月からスタートしています。

 

Leafスタッフも8月19日(土)〜10月15日(日)まで、元離宮二条城と京都芸術センターを会場として開催している現代美術イベント「アジア回廊 現代美術展」に参加してきました。

様々な地域の文化芸術の豊かさに触れ、感動を共有し、寛容で融和的な社会形成に寄与されるものであってほしいという願いが込められたこのイベント。日本の近世の歴史が息づく世界遺産二条城の伝統の厚みと、アーティストたちによる先端的、実験的な表現が融合する京都ならではの不思議な空間が広がっています。

日本のアーティストには、京都出身や京都在住の「京都に縁」のあるアーティストが多数。

大迫力のスケールを誇るものから、繊細美を感じるものまで、じっくりとアートを楽しんでみたので、その様子をご紹介します。

 

日中韓に共通する808の漢字がプリントされた花のバルーンアート。

ajiankairo10

チェ・ジョンファ《呼吸する花(808の漢字)》

まるで呼吸しているかのようにゆっくり動き、東アジアの歴史の鼓動を感じさせられます。

ajiankairo09

チェ・ジョンファ《呼吸する花(808の漢字)》

巨大バルーンアートに目を奪われてしまいました。写真映えもバッチリ!

ajiankairo08

チェ・ジョンファ《フルーツの木》

草間彌生作品の特徴といえるドットの反復が印象的な作品。自己消滅への願望が結びついた、彼女らしい世界観を表現しています。

ajiankairo07

草間彌生《無限の網のうちに消滅するミロのヴィーナス》

舟を鉢に見立て、5本の松の木を植えた巨大な盆栽アート。力持ち!?なカットに挑戦したLeafスタッフH。

ajiankairo06

ツァイ・グオチャン《盆栽の舟》

1万個もの韓国製キムチ用のザルを組み合わせたアートからこんにちは!二条城の雰囲気と絶妙にマッチ。文化財を守りながら、アート作品をどこに配置するのかが、学芸員の方々が大変だったポイントなのだそう。

ajiankairo05

チェ・ジョンファ《エアー エアー》

室内展示が通常の刺繍作品を、屋外に晒すことで太陽光や風雨など自然現象と共存する様が現れる、実験的な作品。

ajiankairo03

伊藤存《そとに出てわかること》

近づいてみると繊細な刺繍の様子が伺えます。

ajiankairo04

伊藤存《そとに出てわかること》

へ・シャンユ《城》は、排泄物とそれを不意に踏んでしまった足跡から、人間の身体から生ずる予測不可能な形、あるいは形のないものを、質量のあるブロンズ鋳造で制作。

ajiankairo01

へ・シャンユ《城》

京都とヴェネツィア在住の三嶋りつ惠氏は、ヴェネツィアのガラス職人と協働で制作したガラスのオブジェで表現。二条城の堀に浮かぶガラスはなんと600個!

ajiankairo02

三嶋りつ惠《光はいつでもそこにある》

今回参加させていただいたのは、二条城会場。今年で大政奉還から150周年を迎え注目が集まる二条城が、アートによってより魅力的な場所となっていました。以前からそこにあったかのように、この場所に自然に馴染む作品が多く、二条城とマッチする様子と、それを見つけた時のワクワクを感じることができました。

じっくり回っていると1時間なんてあっという間。時間に余裕をもってゆっくり見ていただくのがオススメです!

期間中には、もうひとつの会場・京都芸術センターにもぜひ足を運んでみようと思います。アートの秋の先駆けに、みなさんもぜひ立ち寄ってみてはいかがですか?

 

■ 東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」

日程:2017年8月19日(土)〜10月15日(日)※両会場とも会期中は無休
時間:[二条城会場]8:45〜17:00(最終入城16:00)※二の丸御殿台所・東南隅櫓は9:00〜16:45
   [京都芸術センター会場]10:00〜20:00
会場:元離宮二条城、京都芸術センター
料金:[二条城会場](一部有料)600円 ※二条城の入城料が別途必要
   [京都芸術センター会場]無料
問い合わせ:京都いつでもコール Tel.075-661-3755
「アジア回廊 現代美術展」公式サイト>>