京都駅から乗り換え無しの直行高速バス「天橋立・伊根ライナー」で海の京都を楽しんでみた!【前編】

みなさん、こんにちは。春はおでかけシーズン!京都は京都でも、まだまだ知らない京都がたくさんあるんだと日々実感しているWebLeafスタッフです。

昨年から「海の京都」と題して盛り上がっていた京都北部。しかし、お恥ずかしながら、なかなか足を運ぶ機会が少なかったのです。。そんな時に「もっと京都北部に行くのが便利になる!」とのニュースが! なんと、2017年4月15日(土)から5月31日(水)まで京都の北部、天橋立や伊根の舟屋まで乗り換えなしの高速バス「天橋立・伊根ライナー」が試行開始すると聞きつけて、早速利用してみました!

「天橋立・伊根ライナー」に乗るためには、まず、京都駅塩小路通沿いにあるバス乗り場C2を目指します。

往復のバスの時刻表、料金表はこんな感じ。8:10にバスに乗れば、10:10には天橋立、11:00には伊根に到着します!

ine_ouro

※京都駅、高速長岡京は乗車専用バス停、天橋立駅〜伊根は降車専用バス停

ine_fukuro

※伊根〜天橋立駅は乗車専用バス停、高速長岡京、京都駅は降車専用バス停

ine_ryokin

さぁ、「天橋立・伊根ライナー」に乗って京都北部へ出発!

ineliner01

運営は、京都北部には無くてはならない存在の丹後海陸交通株式会社。
愛称は「Tankai(たんかい)」

ineliner02

シートは足もゆったり伸ばせ広々としています

絶景とともに 京都北部を堪能!

日本三景の天橋立、まるで映画の舞台のような舟屋が並ぶ伊根。見どころは満載です!どこに行こうか迷ってしまうので、この2停留所近くで楽しめるLeaf的おすすめスポット・アクティビティを前編・後編に分けてご紹介します。

【紹介トピックス】

1. "まる得お食事クーポン"でお得に天橋立名物・あさり丼を

2. 宮津名物「黒ちくわ」を手作り体験

3. "体験するよさの"シルク100%の手作り体験でミサンガ作り

4. 隅から隅まで堪能!舟屋ガイドとめぐるまるごと伊根体験(後編で紹介)

 

1. "まる得お食事クーポン"でお得に天橋立名物・あさり丼を

「天橋立・伊根ライナー」が天橋立に到着するのはお昼前。少し散策したらお昼になるので、どこに行こうか迷う人におすすめなのが、宮津・天橋立エリアで使える「まる得 お食事クーポン」です。クーポンの種類は1,000円、1,500円、2,000円の3種。まずはHPからどんなお店があるのかチェック。その後、天橋立観光案内所、天橋立観光情報ステーション、宮津市観光交流センターにチケットを購入しに行きます。

ineliner_coupon

まる得 お食事クーポン

たくさん使えるスポットがあり、メニューも様々なので迷ったのですが...今回は天橋立名物の「あさり丼」に決定。向かったのは、天橋立公園内にある[はしだて茶屋]さんです。

ineliner04

山頂からの眺めも素敵ですが、
この松並木も風情がありますよね

ineliner05

公園入口から約5分ほど歩くと、お店が見えてきました!

店の前の席はもちろんのこと、店内でも海を眺めることができ、天橋立を満喫することができるお店です。注文の際にクーポンを提示し、待っていると...

ineliner06

あさり丼が登場!

「あさり」は、天橋立の内海で採れたものを中心に使用。いただいたあさり丼は、あさりのダシがしっかり効いていて、どこに箸を入れてもあさりの身がごろごろ。これでもか!というくらい、あさりがふんだんに乗っています。

それに、あさりの味噌汁、ミニ蕎麦、小皿がついてきます。今回は「まる得 お食事クーポン」を利用したので、普段は1,000円(税込)のこちらのセットにコーヒーがついてきます。

目の前に広がる天橋立は、全長約3.6km。ウォーキングやサイクリングを楽しんでいる人たちの様子も伺えます。[はしだて茶屋]では、レンタサイクル(1時間300円、2時間400円)もできるので、今度はゆったり端から端まで天橋立を楽しみたいなぁと、後ろ髪引かれる思いで、後にしました。

■ はしだて茶屋

TEL. 0772-22-3363
京都府宮津市文珠 天橋立公園内
9:00〜17:00
木曜休(観光シーズンは無休。詳しくは問い合わせを)

http://www.hashidate-chaya.jp/omise/

 

 

 

2. 宮津名物「黒ちくわ」を手作り体験

次にご紹介するのは、傘松公園へ向かうケーブルカー・リフト乗り場のふもと[松屋本店]さんで、天橋立観光協会に事前予約をすると体験できる「黒ちくわづくり」です。

ineliner07

ケーブルカー・リフト乗り場に向かう途中に
[松屋本店]さんを発見!

今回体験させていただく「黒ちくわ」は宮津エリアの名物。魚の身だけでなく、骨なども丸ごとすり身にするので、魚本来の黒っぽい色合いになっているのだそう。

それでは、[松屋本店]のスタッフさんのレクチャーをうけながら、黒ちくわ作りスタートです!

ineliner08

近海で採れた魚を捌いて、ミキサーにかけて出来上がったすり身。
本日のすり身は、沖ギス、コノシロ、エソ、タラの4種。
季節によっては、トビウオやタイが入ることもあるそう

ineliner09

そのすり身を手のひらに乗せ、
ぐぐぐいっと竹の棒に巻きつけていきます

ineliner10

毎日のように作っているスタッフさんの手際の良さを見ると簡単そうだったんですが、実際にやってみると...これがなかなか難しい!

ineliner11

苦戦しながら、なんとか完成です。。ふーーっ。

次は焼き上げのステップに。ここからはプロにおまかせ。

ineliner12

店頭にある機械でじーっくり焼き上げます

ineliner13

待つこと約10分。いい具合に焼き目がつきました!

ineliner14

ひとり2本作る体験なので、出来上がり1本はその場でぱくり

こちらの「黒ちくわ」は、無着色・無添加で、魚と山芋だけで作られるので、魚本来の味を存分に感じることができます。ぷりっぷり、あっつあつの出来たてが楽しめるのも、手作り体験の醍醐味。自分の手で作ると、愛着がわきますね。そして、もう1本はお土産に包んでいただきました!

焼き上がるまで、山頂に登ったり、元伊勢 籠神社に行ったりと、観光することもできます。帰り際にお土産として持ち帰れるのもいいですね。

■ 宮津名物「黒ちくわ」手づくり体験

場所/松屋本店(京都府宮津市大垣55)
体験時間/約30〜60分(10:30〜11:30、14:00〜15:00のどちらかを選択)
料金/ひとり1,500円
申し込み/天橋立観光協会(TEL. 0772−22−8030)にて事前予約を。※子どもだけの参加不可

 

 

3. "体験するよさの"シルク100%の手作り体験でミサンガ作り

続いてご紹介させていただくのは、「丹後ちりめん」で有名な与謝野町でのシルク100%のミサンガ作り体験です。

シボの凹凸が独特の光沢感を生む最高級織物「丹後ちりめん」。その発祥は、江戸時代、絹織物の生産地として機能していた与謝野町加悦地区に「ちりめん」の製織技術が伝えられたことから始まりと言われています。

今回体験させていただくのは、そんな加悦町の旧役場庁舎。昭和3年から平成14年まで役場として活躍したこちらは、昭和初期のレトロな趣残る、京都府指定の有形文化財です。

ineliner15

旧加悦町役場庁舎

ミサンガ作り体験は約20分で初心者でも体験しやすいもの。近くに立ち寄った際でも、予約無く参加できるのが嬉しいポイントです。

ineliner16

色とりどりのシルク糸。
2色、3色、4色と、組み合わせる色数によって、
デザインの仕上がりも変わってきます

ineliner18

糸を選ぶ時間は、どんな仕上がりになるか想像して...
あれもこれもと欲張ってしまいます。
今回は4色を選んで制作することにしました

ineliner19

特製の台に4色の糸をセットして準備完了。
体験する組紐という編み方は、昨年ヒットした映画『君の名は。』で
登場したこともあって体験していく方も多くなっているそう

さぁ、体験スタートです!

ineliner20

優しく指導してくれるスタッフさんに教えてもらいながら、
シルク糸を2本ずつ交差させて編んでいきます

ineliner21

優しく、丁寧に、ゆっくりと

編み上げるテンポが早かったり、きつくなると、 出来上がりが変わってくるので、一定のスピードで進めます。 そして、おもりの袋が台の下まで到達したら完成!

ineliner22

できあがったミサンガを早速巻いてみました。

ineliner23

京都の海をイメージした青色のミサンガは想像以上の出来栄え

これから薄着になっていく季節に、このミサンガをファッションのひとつに取り入れたいです!その他にも、シルクコースター作り(約30分、900円)なども体験できるそう。

ineliner24

館内には、丹後ちりめんのかわいいグッズなども販売しているので、お土産選びにも最適です。予約無しでも体験できるとのことなので、近くに来た際には立ち寄ってみて、興味が沸いたみなさんはぜひ体験してみてくださいね。

■"体験するよさの"シルク100%の手作り体験

場所/旧加悦町役場庁舎(京都府与謝郡与謝野町字加悦1060)
体験時間/10:00〜16:00の間に随時開催
体験内容/シルクミサンガ作り体験(約20分、600円)、シルクコースター手織り体験(約30分、900円)
申し込み/与謝野町観光協会(TEL. 0772-43-0155)

 

さぁ、明日は京都駅から乗り換え無しの直行高速バス「天橋立・伊根ライナー」で海の京都を楽しんでみた!の後編をお届け。伊根町での舟屋ガイドとめぐるまるごと体験って??次回もぜひチェックしてみてくださいね!

 

京都駅から乗り換え無しの直行高速バス「天橋立・伊根ライナー」で海の京都を楽しんでみた! 【後編】>>

 


 

■「天橋立・伊根ライナー」の予約

丹海海陸交通株式会社予約センター
TEL. 0120-15-8814(8:45〜18:45)
まで予約を

丹海海陸交通株式会社 公式サイト
http://www.tankai.jp/

 

■「海の京都」の観光情報

uminokyoto

海の京都DMO
(一般社団法人 京都府北部地域連携都市圏振興社)
TEL. 0772-68-5055(平日9:00〜17:00)

海の京都 公式サイト
http://www.uminokyoto.jp

 

※こちらの記事は、「海の京都DMO」のスポンサーのもと、公開しております。