ウルトラテクノロジスト集団による神秘的な光の空間「下鴨神社 糺の森の光の祭」に行ってみた!

夏の夜になると、キラキラ輝く光モノになんだかとっても弱いWebLeafスタッフです。

毎年チェックしている「京の七夕」に加え、新しい光のイベントが今年からスタートする!と聞きつけて早速向かったのは、世界遺産でもある下鴨神社

糺の森の入口に行ってみると、なんだかとっても不思議な光が放たれています。

そうです!伺ったのは先日からイベント情報でもお知らせしていた「世界遺産 下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab  supported by beachwalkers.」。このオープニングイベントに参加してきました!

shimogamo_teamlab_2016_01_

shimogamo_teamlab_2016_02

幻想的な光に包まれた糺の森
「呼応する木々 - 下鴨神社 糺の森」の世界が広がります

shimogamo_teamlab_2016_03

鳥居も昼間とは全く違った世界に

下鴨神社は、古くから導きの神、勝利の神として信仰があり、事始めの神社としても知られています。そんな場所ではじまった「世界遺産 下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab  supported by beachwalkers.」。一過性のブームで終わることなく、永く継続される伝統行事として根づいてほしい、また京都の文化価値の向上を目指して開催されることとなったそうです。

文化都市として国内外から注目される京都という地で、古き良き京都を守り続けるだけでなく、新しいものとの融合を図り、伝統と革新が調和した街へ。今回のアートで新しい京都のカタチを下鴨からはじめられれば、というお話も新木下鴨神社宮司、山田知事、門川市長の挨拶から伺うことができました。

また、作品については、東京ガールズコレクションの企画・制作をする株式会社W mediaの村上氏、ウルトラテクノロジスト集団teamLabの猪子氏からご紹介が。

shimogamo_teamlab_2016_05

shimogamo_teamlab_2016_04

teamLab猪子氏(中)、株式会社W media 村上氏(右)

"デジタルアートといえばteamLab"と言われるほどここ数年でその名を聞く機会は増えましたよね!そんなteamLabの猪子氏は学生時代、毎週末のように京都を訪れては"この街には日本の何かがある"と感じていたのだそう。

これまで新しい"何か"を作り出すとすると、物質的なものを作り出す必要があり、自然とは対立するような関係にあったのではないか。しかし、デジタルは非物質的なものだからこそ、自然の姿をそのまま活かして幻想的な世界にできるのではないか。より自然と共存できるのがデジタルアートの良さだとお話ししていただきました。

先ほど糺の森を通りながら楽しめたのは「呼応する木々 - 下鴨神社 糺の森」というアート。

shimogamo_teamlab_2016_11

shimogamo_teamlab_2016_12

木々の光は人間や動物が近くを通ると、光の色が変化させ音色も響かせます。それが、どんどん隣の木、隣の木へと伝わっていくのです。 日中はいつもと変わらない姿の糺の森が、この期間だけ夜になると輝き出すーー。自然に手を加えることなく、アートの世界が広がるということですね!

また、このカラスの絵が描かれたアートは、CoolJapanや漫画『バガボンド』の文字を書かれたことで知られる書道家 吉川壽一先生が今回のイベントのために書いてくれたというもの。吉川先生も会場にかけつけていらっしゃいました!

shimogamo_teamlab_2016_13

あのエルメスも惚れ込んだという書道家 吉川壽一先生

それでは、いよいよお待ちかねの点灯のカウントダウンへ!

ここからは、京都で撮影真っ只中だという、Amazonプライム・ビデオにて10月より独占配信を開始する連続ドラマ『福家堂本舗ーKYOTO LOVE STORYー』の出演者も登場。本作にかける意気込みを話していただきながら、一緒に点灯のカウントダウンをしていただけることに!

shimogamo_teamlab_2016_06_

shimogamo_teamlab_2016_06

左から前田旺志郎、宮野陽名、市原隼人、早見あかり、佐々木希、山下健二郎

下鴨神社は縁結びの神様も祭られる場所。ラブストーリーにはぴったりの場所ですね!出演者のみなさんも、この夏のデートスポットとして訪れたい場所だとおっしゃってました!

それではカウントダウンスタート!

shimogamo_teamlab_2016_07

5、4、3、2、1...

shimogamo_teamlab_2016_08

「呼応する球体 - 下鴨神社 糺の森」がライトアップ!

土日限定(有料展示 500円)で見れるこの「呼応する球体 - 下鴨神社 糺の森」は、下鴨神社の楼門の中の空間にいくつもの輝く球体が登場します。人が叩いたり、何かにぶつかったりすると、その衝撃で球体の光の色が変化し音色を響かせながら、そのまわりの球体も呼応します。ふわふわ浮いた球体が輝きながら変化する様は、まるでゆっくりと呼吸をしているかのようです。

shimogamo_teamlab_2016_09

shimogamo_teamlab_2016_10

実際に球体に触ってみるとこんな感じ!

先日まで開催されていた「京の七夕」の二条城二之丸庭園のライトアップや、今回の下鴨神社のデジタルアートなど、この夏、京都では様々なライトアップのイベントがありました。それは、世界遺産として大切に守り続けられながら、新しい要素を加えその魅力を再度見直されているものばかり。

みなさんのお話でも伺えたように、古き良き文化が新しいものと融合し、以前より多くの人にその存在を知ってもらえることで新たなファン層が生まれる。

京都の文化は、過去、今、未来を見据えて、少しづつ変化を遂げながらとその良さを受け継いでいるのだということを感じられるイベントでした!

8月いっぱいまで実施しているようなので、まだ充分に夏のイベントを楽しめていないという方はぜひ訪れてみてはいかがですか?

 

■世界遺産 下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab  supported by beachwalkers.

日時/2016年8月17日(水)〜31日(水)18:00〜21:30 ※「呼応する球体 - 下鴨神社 糺の森」は土日のみ楼門内にて実施

場所/下鴨神社(賀茂御祖神社)

料金/無料(「呼応する球体 - 下鴨神社 糺の森」は有料展示 500円)

http://light-festival.team-lab.net/

 

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ