山城地域で「お茶の京都」を感じてみた!第2弾

もっと日本文化を身につけたい!まずは「お茶の京都」からはじめよう!ということで、前回から山城地域で「お茶の京都」堪能ツアーを行っているWEBLeaf編集部です♪

 

前回、お茶の歴史や茶畑を楽しむことができたので、今回は食を中心に「お茶の京都」を楽しんだ様子をご紹介!

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

スポット:その3

お茶の魅力を発信する 和束の情報発信基地へ

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

地元の美味しい情報は、やっぱり地元の方に伺うのが一番!

 

そんな時はここに行ったらいいよ!と教えてもらったのが[和束茶カフェ]

 

こちらでは、宇治茶の約50%を生産する和束町で作られたお茶をはじめ、お茶を使ったスイーツや加工食品、グッズなどが揃っています。

 

ocha_kyoto_013.JPG

迷ってしまうほど豊富な茶葉

ocha_kyoto_014.JPG

茶だんごやケーキなども様々な種類が揃っています!

 

ocha_kyoto_015.JPG

お茶に関するグッズもずらり

 

 

こんな風に目移りするほどたくさんの商品が揃っています!

 

土産に購入するのもいいのですが、こちらでは お茶に精通したスタッフが常駐し、お客さんの好みに合ったお茶の種類や楽しみ方をアドバイスしてくれるのが魅力のひとつなんです。

 

と、いうことで、奥のカフェスペースで、日本茶インストラクターさんによるお茶の淹れ方講座(800円)を体験させていただきました。

 

 

 

今回教えていただいたのは、かぶせ茶の淹れ方!

 

ocha_kyoto_016.JPG

①まずは、90℃のお湯を茶器に入れます。

 

ocha_kyoto_017.JPG

②次に、茶器に入っていたお湯を急須に移します。

 

こうやってお湯を移していくことで、90℃あったお湯をかぶせ茶に最適な60℃まで温度を落としていきます。1回お湯を移動する毎に5〜10℃ほど温度が下がるそうです。

 

 

 

③別の器にお湯を移動し...

 

 

ocha_kyoto_018.JPG

④温まった急須には茶葉を入れます。

ocha_kyoto_019.JPG

⑤そして、お湯を急須に戻して蒸らした後、

⑥60℃まで冷ますと...

ocha_kyoto_020.JPG⑦出来上がり!

 

 

お茶にはテアニン、カテキン、カフェインなどが含まれており、近年はその効果が注目されています。

お湯を60℃まで冷ましながら抽出すると、甘みを感じさせる「テアニン」が多くなり、渋み成分の「カテキン」や苦みの「カフェイン」が控えめになるので、より美味しくなるのだとか。

 

正直、この体験をさせていただくまで、お茶に最適なお湯の温度などに全く気遣っていなかったのですが、美味しさがあまりにも違ったので、ぜひ家でも温度に気遣いながら!と心に誓ったのでした!

 

 

 

そして、

 

「和束町を一望できる[天空のカフェ]というものもあるんですよー!」

 

という話を伺ったので、こちらも体験させてもらいました!

 

 

 

先ほどお茶の淹れ方体験をしていたカフェスペースから歩くこと約5分...

 

ocha_kyoto_021.JPG

 

ツリーハウスが見えてきました!

 

ocha_kyoto_022.JPG

ocha_kyoto_023.JPG

 

秘密基地に向かって進んでいるようなドキドキ感を味わいながら登ります!

 

 

 

ocha_kyoto_024.JPG

ふぅーーっと、息を整えて中に入ると、

和束町をぐるーっと眺められるようになっていました!

 

 

 

ocha_kyoto_025.JPG

[天空のカフェ]からはこんな景色が一望できます

 

 

下の入口で受付を済ませた後に、お茶とお菓子のセットを購入して登れば、こんなにもゆったりとした景色を眺めながら、穏やかな時間が過ごせそうですね!最大8名まで入れます!

 

 

■ 和束茶カフェ

Tel. 0774-78-4180

京都府相楽郡和束町白栖大狭間35

10:00〜17:00

 

Google Mapでもチェック!

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

スポット:その4

まだまだあります!魅力発見スポット

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

今回は残念ながら一緒にまわることができませんでしたが、その他にも「お茶の京都」山城地域の魅力を感じられるスポットがたくさんあったので、ぜひご紹介させてください(><)

 

 

 

農家カフェ Country Road(カントリーロード)

 

ocha_kyoto_026.jpg

城地域で手塩にかけて育てた野菜がふんだん!

南仏をイメージしたカフェ

 

こちらのカフェで楽しめるのは、兼業農家である店主が家族と一緒に作っている有機野菜をたっぷり使用したメニューの数々。どの料理も旬の野菜が持つ濃厚な味わいがダイレクトに伝わってきます!

 

ocha_kyoto_027.jpg

限定30食の日替わりランチ1050円は予約必須。

自慢の野菜が、天ぷらや茶碗蒸しなど様々な料理に変身!

 

 

■ 農家カフェ Country Road(カントリーロード)

TEL. 0774-39-7823

京都府木津川市加茂町岡崎上八反田32-1

11:00〜14:00

※ランチ2部制/11:00〜12:30、12:30〜14:00

土・日曜、祝日休

全席禁煙

P有

 

Google Mapでもチェック!

 

 

 

 

 

 

茶房 竹の子(さぼう たけのこ)

 

ocha_kyoto_028.jpg

明治6年創業 宇治茶問屋[中尾園茶]が営む

抹茶を堪能できるカフェ

開放的な店内では、目の前に広がる自然を眺めながら食事や日本茶を満喫することができます。宇治茶カフェにも認定されていることもあって、宇治茶を使ったスイーツは絶品!

 

ocha_kyoto_029.jpg

抹茶の風味を堪能できる冷やし抹茶ぜんざい600円。

自家製あんこの甘さと白玉のモチモチ食感がアクセント!

 

 

■ 茶房 竹の子(さぼう たけのこ)

TEL. 0774-78-3630

京都府相楽郡和束町園大塚3

8:30〜17:00(LO/16:30)

無休

全席禁煙

P20台

http://www.nakaoen.com/sabou_takenoko.html

 

 

Google Mapでもチェック!

 

 

 

 

 

 

浄瑠璃寺(じょうるりじ)

 

ocha_kyoto_030.jpg浄土の世界を現世に伝える

阿弥陀如来でお馴染みの寺

 

奈良時代に聖武天皇が僧侶・行基に建立させたとも言われる[浄瑠璃寺]。西方に極楽浄土があるという考えが広まったことから、こちらを訪れた際には、東の三重塔で薬師如来に手を合わせた後、西の九体の阿弥陀如来を安置する本堂を参拝してみて。

 

ocha_kyoto_031.jpg極楽往生の9つの段階を示す阿弥陀如来。

丈六像(224cm)、八体の半丈六像(139〜145cm)が列に並ぶ姿は圧巻!

 

 

■ 浄瑠璃寺(じょうるりじ)

TEL. 0774-76-2390

京都府木津川市加茂町西小札場40

9:00〜17:00

(12〜2月は10:00〜16:00)

無休

拝観料300円

P無(民間Pの利用を)

 

 

Google Mapでもチェック!

 

 

 

 

今回は近くのレンタサイクルを利用してぐるーっと散策しましたが、

なんと!9/13(日)には、自転車に乗って「お茶の京都」のスイーツを楽しめるイベントも開催されるようですよ!!

自転車好きのみなさんも、自転車初心者のみなさんも「たびーら・宇治抹茶スウィーツ・ライド」をチェックしてみてくださいね!

 

 

 

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ