ぽん酢づくりに挑戦してみた!

寒くなるにつれて恋しくなる食べ物の1つ 「鍋料理」。ひとつの鍋を囲みながら食べれば心も体もぽっかぽか♪冬の食卓を彩る定番の料理ですね。

 

i1.jpgダイエットは本日をもって冬季休暇に突入。思うがままに食べようぜ!

さて、鍋料理に欠かせないものといえば調味料ではないでしょうか。その中でも今回は 「ぽん酢」に注目してみようと思います。

おいしい「ぽん酢」を求めてやってきたのはココ! [京・西陣、孝太郎の酢]です。なんでもこちらで自分好みの 「Myぽん酢」を作れるのだとか。

i2.jpg[京・西陣、孝太郎の酢] 築100年以上の建物なのだそう。

まずは[京・西陣、孝太郎の酢]で販売されている3種類の 「だいだい酢・すだち酢・ゆず酢」 試飲させてもらいました。

i3.jpg東京だけで定期的に開催されていた「Myぽん酢づくり」が、
ファンからの熱烈な声を受けて京都本店でも体験できることに!

 

ん? 試飲? ・・・" ぽん酢は噎(む)せるから飲めないでしょ "と、酢っぱそうな顔をして思っているあなた!はい、昨日までの私も同じでした。ですが![京・西陣、孝太郎の酢]のぽん酢は不思議と噎せないのです。

なんでも 然のカツオと昆布から作ったベースのだしに、天然の果汁を加えて作るという、添加物ナシの「天然」にこだわった製法が噎せない理由なんだとか。確かに体に優しい味がします。

i4.jpg「だいだい酢」は醤油の風味が強く、他に比べると酸味は少なめ。豆腐などと相性が良さそうです。

「すだち酢」は3つの中では最も酸味が強く、焼き肉や鰹のタタキと合いそう!

 

i5.jpg「ゆず酢」は口に含んだ瞬間にゆずの爽やかな香りが広がります。特に香りを楽しみたい人にオススメです。

ぽん酢に対するイメージが180度変わったところで、いよいよ Myぽん酢づくりに挑戦!今回は「だいだい酢」と「すだち酢」でオリジナルを作ることにしました。

まずは 「だいだい酢」から。

i6.jpgお店の方に調整してもらいながら、ベースのだしに「だいだい」の果汁を少しずつ加えていきます。

 

i7.jpg

このくらいの量で何度か試飲しつつ、好みの味になるまで果汁をプラス。

3度ほど果汁を足したところでストップ。販売されているものよりもさらに香りを楽しめるMyぽん酢になりました。 出来あがったレシピ(だしと果汁の分量)はお店側で保管。次回からそのレシピで オーダーすることが可能になるというわけです。

i8.jpg

名前を書いて私だけの秘伝レシピが完成!これで毎年、自分だけのぽん酢を味わえます。

 

さて、瓶につくったぽん酢を詰めている間に、

i9.jpg

瓶に貼るラベルを作ります。このようにその場で書くことも可能ですが、事前にデザインを送っておけばそれを印刷してもらうこともできます。

i10.jpg

 

続いては 「すだち酢」のオリジナルを作っていきましょう。

 

だいだいに比べると少量の果汁でころっと味が変わるので、少しずつ、少しずつ、加えてきます。最終的にこちらも販売されているものよりも果汁を多めにしたので、より酸味と香りを楽しめる味に。

i11.jpgラベルは「WEBLeaf」のロゴで作成。

最後にラベルを貼って 完成!

i12.jpg

WEBLeaf隊のMyぽん酢!

今晩にでも味わいたいところですが、 一日寝かすと味がまろやかになるので、はやる気持ちをグッと抑えて一晩寝かしてくださいね!

今年の冬は鍋料理の回数が例年以上に増えそう♪家族で楽しむもよし、鍋パでMyぽん酢を自慢するもよし、はたまた季節の贈り物にするもよし、世界に一つだけのぽん酢を楽しんでみては?

[京・西陣、孝太郎の酢] Myぽん酢づくり
・3日前までに要予約
・1本1000円(税別)
・定員5名様まで
・所要時間約1時間
・営業時間 :平日9:00~17:00
・定休日 :第2、第4土曜日、日祝日
・TEL :075-451-2071
・FAX :075-451-8028

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ