缶詰Barに行ってみた

 

過ごしやすい季節になるにつれて飲みに出かける回数も増えてきた今日この頃。本日はユニークなバーがあると聞きつけて、ここへやってまいりました。

 

1.jpgどど~ん!

[缶詰Bar mr.kanso 先斗町店(ミスターカンソ)]です。

階段をのぼり店内に進むと、

00.jpg

目の前には鴨川が広がります。

2.jpg

カウンターの他に缶詰をモチーフにしたテーブルや、

3.jpg

ゆっくりと寛げるソファの席もあります。

4.jpg

そして、何といっても壁一面にぎっしりと積まれた缶詰の多さにビックリ。伺うと約250種類もあるそうです。

5-1.jpg天井近くまで積み上げられた缶詰の山。

5-3.jpg
5-4.jpg

好きな缶詰を選んでお店の人に渡すと、温めた状態 or そのままで出してくれます。

6r.jpg缶詰の値段は200円~2000円(税込)。

 

7.jpg裏に値段のシールが貼られています。

まずは京都老舗[吉田喜]とのコラボにより実現したオリジナルの「だし巻き」の缶詰をいただくことに。

8.jpg

「だし巻き × 缶詰」という異色のコラボを楽しみに待っていると黄色い物体が現れました。

9.jpg
その名の通り ふっくら とした食感。缶詰というと" ふっくら "とは真逆のイメージを持っていたため、そのギャップに驚きです。この珍しさからお土産として買って帰る人も多いのだそう。

10.jpg

続いては、これまたmr.kansoオリジナルの「たこやき」と「激辛カレー」の缶詰をオーダー。

11-1.jpg関西人のソウルフードのひとつ「たこやき」が缶詰に!

11-2.jpgお好みでマヨネーズや鰹節をかけることができます。

 

12-1.jpg缶に「激辛」の文字。その辛さはいかほどなのか・・・

 

12-2.jpg後からじわじわとくる辛さに汗が出るスタッフも。
クラッカーなどに付けて食べるのがオススメです。

オリジナルメニューを味わった後は、変わり種の缶詰を。何が出てくるのか、期待と不安(!?)が交錯しながら店主セレクトの缶詰を待ちます。

1つ目は「ウズラの缶詰」です。

ウズラと聞いて卵を思い浮かべた皆さん。ノン、ノン、ノン!先にお伝えしたように、これは「変わり種の缶詰」です。

なんと、この缶詰ではウズラのを味わえます。

13-2.jpgボリューム満点。骨も砕けるほどにとっても柔らかいです。

2つ目は「いなごの缶詰」です。" いなご "と聞いただけで女性スタッフたちからは「キャ~~!」の声。さあ、さあ、盛りあがってまいりましたよ!

14.jpgあ、足が見えている・・・(汗)

小心者の私は凝視することができず半目状態でパクリっっ・・・ "サクッ サクッ サクッ"。予想よりも軽めの食感です。さらに、味は佃煮のようで、先ほどの悲鳴は何だったのか気が付けば完食していました。

どちらも他ではなかなか出合えないメニューですね。缶詰なら食べやすい量なので、怖いもの見たさに試してみるにもぴったり。初体験の味にすっかりはまってしまう、なんてこともあるかもしれませよ!

さて、「変わり種もいいけど、王道の味も楽しみたい!」。そんな声にもおこたえするのがここ[缶詰Bar mr.kanso]です。

15-1r.jpgポーク、ホタテ、たらの子・・・お酒のアテにぴったりの品が揃います。

15-2.jpg
さらに、デザート系の缶詰もあるので女性も楽しめます。

16-1.jpg16-2.jpg

いろんなジャンルをたらふく食べてごちそうさま~!帰り道は「ついに、いなごデビューした!」「ウズラの肉を食べた人なんて他に聞いたことがない」と話がつきません。

こんな風に、普段触れ合うことのできない食材との出合いに、いつもの会話もさらに盛り上がるかも?皆さんも、エンターテイメントに富んだ缶詰Barで楽しんでみてはいかがでしょう。

[缶詰Bar mr.kanso 先斗町店(ミスターカンソ)]

住所    :京都市中京区先斗町通四条上ル鍋屋町232-9 2F
TEL    :080-1454-3737
営業時間 :18:00~LO(曜日により閉店時間は異なる)
定休日 : 不定休

 

一覧ページへ

ABOUT

WEBLeaf編集部が、巷で話題のイベントや、日頃気になっている事を徹底検証!体を張った実体験レポをお届けします。

情報求ム!

日頃あなたが気になっていること、こんな面白いイベントあるよ!そんな情報をお持ちの方はinfo@leafkyoto.co.jpまでどしどしお寄せください♪ 何卒、ご投稿お願いします~!

ブログを検索

新着記事

カテゴリー

アーカイブ